東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 【宝ホームがご説明】住みながら売却のポイント

【宝ホームがご説明】住みながら売却のポイント

カテゴリ:不動産売却




弊社のお悩み相談、売却相談で最も多いのが「住み替え」についての相談です。
住み替えをする場合、新しくお家をご購入後に今のお家を売る場合と、住みながら売却を行うパターンが存在します。今回は、後者についてお話していきます。



家を住み替える際の手順には2つの方法があります。
それは「売り先行」と「買い先行」です。


売り先行とは家を売却してから新居を契約します。
買い先行とは先に新居を購入し、引越し後に売却活動をはじめます。

空き家状態なので購入希望者が自由に内覧でき、住んだままの売却よりも有利に売却できる可能性があります。
売却したい家にローンがなく、自己資金にも余裕があれば購入から進めるのが理想的。
しかしながら実際は売り先行から進める場合がほとんどです。


~その他関連コンテンツ~










住みながら不動産売却をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?
デメリットと合わせてご紹介します。


メリット①家賃のムダがない

まだローンが残っている家を売却するときは、先に物件を購入すると二重ローンが発生してしまいます。
さらに売却先が見つからない場合は、二重ローンの時期が長くなり家庭に大きな負担がかかる場合も。
住み替え先が実家で家賃がかからない場合や、売却物件のローン残債はなしなどの条件でない限り、住みながらの売却活動は大きなメリットがあるでしょう。

メリット②安売りを避けられる

家が売れないと、二重ローンから逃れたい一心で、安く売りたたいてしまうケースがあります。
高値で取引できる物件なのに、気持ちに余裕がもてないことから、大幅な損失が発生してしまう場合も。
住みながら売却先をじっくり吟味することで、そういった大切な資産の安売りを避けられます。

デメリット①休みのお出かけが自由にできない

いつ内覧の連絡が入るのかわからず、遠方への旅行など自由にお出かけはできません。
いつでも不動産業者からの連絡に出られるよう、家族で協力しあう必要があります。

デメリット②住み替え先が見つからない場合、仮住まいが必要になる

もし売却がうまく進んでも、売却契約のタイミングで住み替え先の購入が決まらなかったら、仮住まいを用意しなければなりません。
仮住まいは引越し費用も2重になり手間がかかるため、なるべく避けたいところです。

デメリット③空き家物件に比べると雑多に見られる

どうしても人が住んでいる状態の家は雑多に見られます。
どんなに忙しくても突発的な内覧に備えて、いつでもお客様が迎えられるよう、お部屋をキレイに保つ必要があります。


不動産の売却活動を住みながらおこなう際の注意点とは?



一日でも早く売却できるように確率をあげるのが次の項です。

不動産業者1社に任せっきりにしない

前項のような状態が何カ月も続くと、さすがに売却活動も疲弊してしまいます。
そこで一日でも早く売却活動を成功させるために必要なのが、最初に依頼した不動産業者1社に任せっきりにしないことです。
購入希望者様と物件が出会うのにタイミングはとても重要!
タイミングがずれてしまうと、チャンスを逃す恐れがあります。
より多くの購入希望者の目にとまるよう、売却エリアの不動産業者数社に売却物件の掲載を依頼するといいでしょう。

東京都23区の不動産売却はぜひ弊社、「宝ホームの三原」にお任せください。


≪ 前へ|【宝ホームの不動産売却】不動産売却をしても確定申告が不要な場合とは?   記事一覧   不動産売却における契約不適合責任で注意すべきこととは?東京都・宝ホームが解説|次へ ≫

タグ一覧

 おすすめ物件


洗足ミナミプラザ 東京都大田区南千束1丁目 仲介手数料無料

洗足ミナミプラザ 東京都大田区南千束1丁目 仲介手数料無料の画像

価格
5,890万円
種別
中古マンション
住所
東京都大田区南千束1丁目3-1
交通
長原駅
徒歩3分

フォリストマンション山王 東京都大田区山王4丁目 仲介手数料無料

フォリストマンション山王 東京都大田区山王4丁目 仲介手数料無料の画像

価格
3,780万円
種別
中古マンション
住所
東京都大田区山王4丁目12-2
交通
大森駅
徒歩11分

多摩リバーサイドハウス 東京都大田区鵜の木2丁目 仲介手数料無料

多摩リバーサイドハウス 東京都大田区鵜の木2丁目 仲介手数料無料の画像

価格
5,190万円
種別
中古マンション
住所
東京都大田区鵜の木2丁目39-1
交通
鵜の木駅
徒歩8分

トップへ戻る