東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 宝ホームが徹底解説:認知症における不動産売却

宝ホームが徹底解説:認知症における不動産売却

カテゴリ:不動産売却


不動産売却における売主様の仲介手数料を半額でご提供


宝ホーム株式会社の三原です。


今回は、認知症と不動産売却についてお話させていただきます。

~本コンテンツの目次~

1. 親が認知症になったら不動産売却はできない?

2. 親が認知症になったときに不動産売却で起きるトラブルとは

3. 親が認知症になっても不動産売却が可能!「成年後見制度」とは

4. まとめ

    親が認知症になったら不動産売却はできない?


    成年後見制度を利用すれば、認知症の親の代わりに法律行為をおこなうことができます。
    しかし親が認知症になってしまったからといって、子が勝手に不動産を売却できるわけではありません。

    不動産以外の財産であっても勝手に処分してしまうと、ほかの相続人とトラブルになってしまう可能性があります。

    認知症の親が所有する不動産を取り扱う際には、必ず親族同士で話し合うようにしましょう。





      親が認知症になってしまって自宅や介護施設で介護するにもお金がかかります。
      介護で使う介護ベッドやオムツ、介護施設の入居費用など、さまざまなものにお金が必要です。※
      必ず領収書を取っておきましょう。
      親の住んでいた自宅を売却して得たお金を介護費用に使おうと考えたとしても、他の親族が認めてくれない可能性があります。
      介護費用を捻出するために不動産売却する際には、他の親族ともよく話し合って全員が納得したうえで売却することが大切です。

      親が認知症になったからといって、自分1人で勝手に不動産売却するのは、他の親族とトラブルになりますので、注意が必要です。



        親が認知症になっても不動産売却が可能!「成年後見制度」とは



        親が認知症になって不動産の処分に困ってしまうのを回避するための「成年後見制度」について。
        認知症などを患うと、判断能力が衰えるため、各種契約や預貯金の管理が難しくなります。


        家庭裁判所の監督のもと、法的に支援する制度が成年後見制度です。
        法定後見制度では、被後見人(ここでは親)の判断能力の程度によって分けられる、以下の3つのサポートをおこないます。

        • 後見(判断能力が欠けている方)
        • 保佐(判断能力が著しくない方)
        • 補助(判断能力が不十分な方)

        これらをおこなう後見人は、それぞれ以下のように呼ばれます。

        • 後見:成年後見人
        • 保佐:保佐人
        • 補助:補助人

        被後見人がどの程度に属するのかは、医師の診断書に基づき、家庭裁判所が判断します。

        また成年後見人は、家庭裁判所が選任します。


        まとめ

        親が認知症になってしまった場合、本人による不動産売却はできませんが、成年後見制度を利用すれば不動産売却は可能です。
        不動産売却を検討されている場合は、家庭裁判所へ成年後見開始の審判の申し立てをし、家庭裁判所の売却許可を得る必要があります。



        東京都23区で戸建てやマンションの不動産売却をお考えの方は、宝ホーム株式会社までご連絡下さい。

        ≪ 前へ|ディンプルキーの特徴を宝ホームが解説!メリットとデメリットや合鍵の作成方法とは?   記事一覧   東京都で仲介手数料無料の宝ホームがお答え!事前に開示請求も可能!住宅ローンの審査でチェックされる個人信用情報とは|次へ ≫

        タグ一覧

        三原 隆義 最新記事



        三原 隆義

        港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

        スタッフ情報を見る

        トップへ戻る