東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > ライフステージの変化による不動産売却について

ライフステージの変化による不動産売却について

ライフステージの変化による不動産売却について

ライフステージが変わることで不動産を売却することがあります。
家族の増減や、実家に住む方がいなくなったときなどがそれに当たるでしょう。
ここでは、ライフステージの変化によって不動産を売却する方法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

出産によるライフステージの変化での不動産売却とは?

出産を機に家を買い替える方は多いです。
子どもが生まれることで物が増え、子ども部屋が欲しくなるでしょう。
夫婦2人で暮らすには十分な広さだった家が手狭になることから今の家を売却して、売却資金を基に新たに広い家を購入して出産に備えられます。
新たな家の費用や今後の子育てにかかる費用の資金計画を立てられ、子育てに適した地域を選べるメリットもあります。
子どもが生まれる前であれば、家の売却から引っ越しまで時間も取りやすく荷物が少ないので好都合です。
出産前に引っ越しを済ませたい場合などは、できるだけ早く売却したいものです。
早く売却するには、不動産会社が提示した査定額より安くする、買手が値引きを求めたら応じる、不動産会社に買い取ってもらう、自分で買手を探す、などの方法があります。

子どもの独立によるライフステージの変化での不動産売却とは?

子どもが独立して家を出ると、それまで子どもが使っていた部屋が使われずに空き部屋となります。
夫婦2人で暮らすには手広になることから、老後に向けて利便性が高くて生活しやすい地域で、バリアフリーなどの対策がされた家に住み替えるタイミングとして良いでしょう。
家を売却するにあたり、築年数が長いこともあり、少しでも高い金額でスムーズに売却するにはリフォームをして売却したほうが良いのでしょうか。
リフォームして売却することで、見た目が綺麗になり早く売却できる可能性が増す一方で、リフォーム代を回収できない可能性があります。
買手は中古物件を安く購入して好きなようにリフォームしたいと考えている方が多いので、リフォームせずに安く売却したほうが買手は早く見つかるでしょう。

親の死亡によるライフステージの変化での不動産売却とは?

親が亡くなり、親名義の不動産を売却するには、家の相続、名義変更、家の売却と手順を踏まなければなりません。
一連の流れを解説します。
相続人の確定と遺産分割協議をおこない、遺産分割協議書を司法書士に作成してもらいます。
このとき必要な書類は下記のとおりです。

●被相続人(亡くなった人)の出生から死亡までの全戸籍及び戸籍の附票
●各相続人の戸籍謄本、戸籍の附票、印鑑証明
●各相続人の身分証明書の写し(免許証など)
●被相続人の土地家屋名寄帳


親の家の名義変更をおこない、売却の手続きに入ります。
親名義の家の相続から売却までには、相続税、登録免許税、印紙税、譲渡所得税が課税されます。
これらの税金を少しでも抑えるために、小規模宅地等の特例、マイホーム売却の特別控除などの対象になるか確認して使えるものを探しましょう。

まとめ

ライフステージが変化することで不動産売却を考えることがあると思います。
出産を機に子育てしやすい環境を求める、子どもの独立を機に老後の生活を見越して住み替える、親の逝去に伴い親の家を売却する、どのタイミングをとっても家を売却するには良い機会と言えるのではないでしょうか。
どのような場合でも、宝ホーム株式会社は[仲介手数料無料]もしくは[仲介手数料半額]をお約束いたします。
東京都で、仲介手数料無料の新築戸建、中古マンションをご購入の方はぜひ宝ホームをご活用くださいませ。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|宝ホームが解説します!マイホームの設備に「サンルーム」を付けるメリットは?   記事一覧   部屋の雰囲気を変えるなら木製ブラインドがおすすめ!取り付け方も宝ホームが解説|次へ ≫

三原 隆義 最新記事



三原 隆義

港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る