東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入すると固定資産税がかかる?計算方法と支払い時期について解説

不動産購入すると固定資産税がかかる?計算方法と支払い時期について解説

不動産購入すると固定資産税がかかる?計算方法と支払い時期とは?

夢のマイホームを購入すると、土地や建物に対して税金が発生します。
税率は、土地や建物の所在地である市区町村により変わりますが「平均1.4%」と言われています。
そこで今回、固定資産税とはなにか、いくらぐらいかかるのか、支払う時期について解説いたします。
ぜひ、マイホーム購入を検討している方は、参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入後の維持費である固定資産税とは?

固定資産税とは、自分名義で土地や建物を所有する場合に課せられる税金のことです。
物件を購入する際には、登記簿謄本に名前が登録されます。
それとあわせて、固定資産課税台帳にも登録されるのです。
台帳を参考に市区町村は、税金の請求をおこないます。
不動産売買の際には、固定資産税や評価額を基に償却資産の計算をおこないます。
また、不動産を購入した年の税金の支払いは、日割り計算、または買主と売主の双方で話し合うケースがあります。

不動産購入後の維持費である固定資産税はいくら?

税金がいくらかかるのかは、以下のような計算式で概算で計算できます。

固定資産税=評価額(課税標準額)×標準税率(1.4%)

評価額(課税標準額)は、国が持っているデータを基に価値を価格に変えた場合と不動産物件を査定した価格で求められる金額のことです。
毎年4月~6月に送付される固定資産税納税通知書と、一緒に入っている課税証明書を参考にすると良いでしょう。
手元にない場合は、市区町村にお問い合わせしましょう。
概算でも計算でき、一般的には、土地と建物を分けて求めます。
土地は、購入価格70%程度、建物は新築取得時60%程度となります。
最後に計算され出た数字を合計すると、課税標準額になります。
標準税率は、市区町村により異なっています。
確認する方法は、ホームページまたは直接お問い合わせをすると良いでしょう。
平均は計算方式にある1.4%となります。

不動産購入後の維持費である固定資産税はいつ支払う?

支払い時期は、年4回または一括払いです。
毎年、市区町村より4月から6月に送付書が届きます。
支払いのタイミングは自治体により異なるところもありますが、6月と9月、12月と2月の計4回が一般的となっています。
支払い方法は、コンビニ払いや金融機関の窓口払い、クレジット払いなど自治体により異なりますので、送付書を確認しましょう。

まとめ

不動産購入後から、所有者には固定資産税を納める義務が発生します。
支払い時期は、一括または6月と9月、12月と2月の計4回ですので把握しておきましょう。
どのような場合でも、宝ホーム株式会社は[仲介手数料無料]もしくは[仲介手数料半額]をお約束いたします。
東京都・千葉県・埼玉県で、仲介手数料無料の新築戸建、中古マンションをご購入の方はぜひ宝ホームをご活用くださいませ。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却における設備表・現状報告   記事一覧   建物構造が「鉄筋鉄骨コンクリート」である場合のメリット・デメリットを解説!|次へ ≫

三原 隆義 最新記事



三原 隆義

港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る