東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を検討するうえで知っておきたい仲介手数料について宝ホームが説明します

不動産売却を検討するうえで知っておきたい仲介手数料について宝ホームが説明します

カテゴリ:【不動産FAQ】

不動産売却を検討するうえで知っておきたい仲介手数料について

不動産売却時には仲介手数料が発生します。
仲介手数料とはどんな手数料なのでしょうか。
ここでは仲介手数料の解説と相場、値引き交渉のタイミングや方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における仲介手数料とはどういうものなのか?

仲介手数料は成功報酬として不動産会社に支払う手数料で、媒介手数料とも言います。
つまり、不動産の売買が成立したときに支払う手数料であり、売買が成立しない場合は支払うことはありません。
仲介手数料は宅地建物業法で上限が決められており、上限を超える仲介手数料の請求は法律違反になります。
不動産会社から請求された仲介手数料が適正なものであるか判断するためにも、上限額について知っておいたほうが良いでしょう。

不動産売却時の仲介手数料の計算方法について

不動産売却時に不動産会社に支払う仲介手数料の相場を把握するには、上限額を知る必要があります。
仲介手数料の上限額を求める計算方法は、下記のとおりです。

●200万円以下の部分:売却価格×5%+消費税
●200万円を超えて400万円以下の部分:売却価格×4%+消費税
●400万円を超える部分:売却価格×3%+消費税


売却価格が1,000万円だと以下のように計算することになります。

●(200万円×5%+消費税)+(200万円×4%+消費税)+(600万円×3%+消費税)=仲介手数料の上限額
不動産売却価格が400万円を超える場合は、「仲介手数料=(売却価格×3%+6万円)+消費税」の速算式で計算できます。

不動産売却時の仲介手数料の値引き交渉とタイミングについて

不動産売却時の仲介手数料は、上限額はあるもののそれ以下であればいくらでも良いので、交渉することで値引きしてもらえる可能性があります。
値引きの交渉はどのようにおこなうのが効果的なのでしょうか。
値引き交渉をするには、媒介契約の締結前のタイミングが効果的です。
媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。
一般媒介契約は複数の不動産会社と契約するのに対して、専任媒介契約と専属専任媒介契約は1社との契約になります。
仲介手数料を値引きしてもらうことを条件に専任媒介契約か専属専任媒介契約を交わすと交渉すれば、優位な立場で交渉できます。

まとめ

不動産売却時に発生する仲介手数料とは、不動産会社に支払う成功報酬です。
売買契約が成立しないときは仲介手数料を支払うことはありません。
仲介手数料の相場は、上限額を計算することでわかります。
どのような場合でも、宝ホーム株式会社は[仲介手数料無料]もしくは[仲介手数料半額]をお約束いたします。
東京都・千葉県・埼玉県で、仲介手数料無料の新築戸建、中古マンションをご購入の方はぜひ宝ホームをご活用くださいませ。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|建物構造が鉄筋コンクリートの家のメリット・デメリットとは? 東京都・宝ホームが解説   記事一覧   共同名義とは?家を購入する際に確認すべき特徴や注意すべきポイントを宝ホームが解説|次へ ≫

タグ一覧

 おすすめ物件


コンドミニアム仙台堀パーク 東京都江東区北砂7丁目 仲介手数料無料

コンドミニアム仙台堀パーク 東京都江東区北砂7丁目 仲介手数料無料の画像

価格
4,280万円
種別
中古マンション
住所
東京都江東区北砂7丁目7-10
交通
南砂町駅
徒歩15分

マンション高輪 東京都港区高輪2丁目 仲介手数料無料

マンション高輪 東京都港区高輪2丁目 仲介手数料無料の画像

価格
7,180万円
種別
中古マンション
住所
東京都港区高輪2丁目10-7
交通
泉岳寺駅
徒歩7分

朝日エンブレム白金台 東京都港区白金2丁目 仲介手数料無料

朝日エンブレム白金台 東京都港区白金2丁目 仲介手数料無料の画像

価格
1億1,790万円
種別
中古マンション
住所
東京都港区白金2丁目7-36
交通
白金台駅
徒歩4分

トップへ戻る