東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を現金で一括購入するメリットとは?注意点や費用も解説

不動産を現金で一括購入するメリットとは?注意点や費用も解説

不動産を現金で一括購入するメリットとは?注意点や費用も解説

不動産の購入では、支払い方法も考えるべきポイントのひとつです。
しかし支払い方法によって、メリットや注意点、必要な諸費用が変わるため迷っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産を現金一括購入するケースについて解説します。
不動産の購入をお考えの方は、支払い方法を決める際の参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を現金で一括購入する場合のメリット

現金で一括購入するメリットは、まず住宅ローンの金利負担がなくなる点です。
住宅ローンを長期間返済すると、元金だけでなく、金利分の負担も大きくなります。
しかし現金で一括購入すれば、そもそも住宅ローンを利用する必要がなく、金利として支払うお金をほかのものに充てられるでしょう。
また、保証会社へ支払う保険料や団体信用生命保険料なども不要です。
金融機関や保証会社の審査を省けるので、不動産の購入もよりスムーズになるメリットがあります。

不動産を現金で一括購入する場合の注意点

現金で一括購入する際には、支払い後も手元に資金を残しておかなければなりません。
現金で不動産を購入すると、当然ですが手元にある資金が減ります。
貯金をすべて購入費用に充ててしまうと、病気やケガで働けなくなったり、会社が倒産したり、住宅設備が損傷したりといった万が一の事態に対応できなくなります。
一括購入する場合も、急な出費などにも備えた資金計画をたてましょう。
そして、住宅ローン控除が適用されない点にも注意が必要です。
一括購入であればローンを組む必要がないため、所得税の住宅ローン控除が適用されません。
金利を支払い控除を受けるほうが良いのか、金利を支払わずに控除も受けないほうが良いのか、計算したうえで検討すると良いでしょう。

不動産を現金で一括購入する場合に必要な費用や流れ

現金で一括購入の場合、購入費用以外にも費用がかかるので、購入の流れとあわせて諸費用の内容も把握しておく必要があります。
まず、土地契約の際に、仲介会社へ支払う仲介手数料と、売買契約書に貼る印紙代が必要です。
ほかに、購入時に売主へ支払う手付金も必要になります。
その後、住宅の建設に移りますが、建築には登記手続きが必要であり、そのための登記費用がかかります。
なお、登記の手続きは自分でおこなうことも可能ですが、専門的な知識がないと難しいので、司法書士に依頼するのが一般的です。

まとめ

不動産を現金で一括購入する場合のメリットと注意点、必要な費用を解説しました。
一括購入の場合、金利や保険料の負担がない、審査が不要などのメリットがある一方で、充分な資金が必要、住宅ローン控除が適用されないなどの注意点もあります。
購入にかかる諸費用も考慮しながら、慎重に検討するのが大切です。
どのような場合でも、宝ホーム株式会社は[仲介手数料無料]もしくは[仲介手数料半額]をお約束いたします。
東京都・千葉県・埼玉県で、仲介手数料無料の新築戸建、中古マンションをご購入の方はぜひ宝ホームをご活用くださいませ。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入後によくおこなわれるリノベーションとは?費用なども宝ホームが解説   記事一覧   一戸建て住宅は売る?貸す?選択方法をご紹介|次へ ≫

三原 隆義 最新記事



三原 隆義

港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る