東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 新築戸建ての家に外構を設ける意味や注意点について解説

新築戸建ての家に外構を設ける意味や注意点について解説

新築戸建ての家に外構を設ける意味や注意点について解説

住宅におけるフェンスやウッドデッキ、植え込みなどのエクステリアは、建物の外観を左右する重要なポイントの1つです。
とくに住宅が道路に面している場合には、訪問者だけでなく通行人の目にもつきやすく、「外構工事で見た目を整えたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、新築戸建ての購入を検討されている方に向けて、家の外構の種類や注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の外構を設ける意味とは?必要性と外構の種類

新築戸建てを購入するときには、間取りや内装に気が向きがちで、外構工事の必要性に迷ってしまうというケースが少なくありません。
しかし、計画された外構工事には、次のような意味があります。

プライバシーを保護できる

住宅の周囲にフェンスやブロック塀を設置すれば、通行人からの視線を遮れます。
洗濯物を見られたくない、室内にいても視線が気になるということを防げるため、プライバシーの保護に最適です。

見栄えが良くなる

庭に面してウッドデッキを設置する、家を垣根で囲うなどの外構工事は、住宅の見栄えを良くするだけでなく、開放的な空間や家族の憩いの場をつくることにつながります。

外構工事の種類

外構工事には、次のような3つの種類があります。

●クローズ外構
●オープン外構
●セミクローズ外構


種類を分けるポイントとしては、敷地と道路との内外をどれほど明確にするかがカギになります。
クローズ外構はフェンスや塀などで完全に区別するもので、一方でオープン外構はあまり設置しないか、設置しても高さの低いものを設置する方法です。
セミクローズ外構は、クローズ外構とオープン外構の良いところを併せ持った種類で、玄関部分はオープン・裏口付近はクローズなど、建物に合わせた外構づくりがおこなわれます。

新築戸建ての家に外構を設けるときの注意点

外構工事を依頼するときには、次のような注意点をおさえることで、後悔しない家づくりにつながります。

工事費用と期間に注意

新築住宅購入の落とし穴として気を付けたいのが、外構工事が住宅の工事に含まれず、あとから工事の費用と期間が余計に発生してしまうケースです。
ハウスメーカーに、工事内容と費用を確認してみることをおすすめします。

水道を設けるかどうか

靴を洗ったり、子どもやペットの体を洗ったりするのに便利なのが、外についている水道です。
駐車スペースや勝手口の近くに水道があると便利です。

屋外コンセントを設けるかどうか

屋外のコンセントは、住宅の間取りが決定したのちにおこなわれる、電気工事の打ち合わせの際に一緒に決める必要があります。
位置が悪い、コンセントの数が少なかったなど、あとから後悔することが多いコンセントは、あらかじめじっくり検討しておきたいポイントです。

まとめ

今回は、新築戸建ての購入を検討されている方に向けて、家の外構の種類や注意点についてご紹介しました。
決して安い買い物ではない住宅の購入は、あとから後悔しないように、事前に計画を練っておくことが重要です。
どのような場合でも、宝ホーム株式会社は[仲介手数料無料]もしくは[仲介手数料半額]をお約束いたします。
東京都・千葉県・埼玉県で、仲介手数料無料の新築戸建、中古マンションをご購入の方はぜひ宝ホームをご活用くださいませ。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅のホルムアルデヒド発散等級の意味や現れる症状について   記事一覧   家の売却時にセルフリフォームをおこなうメリット・デメリットと注意点を解説|次へ ≫

三原 隆義 最新記事



三原 隆義

港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る