東京都で仲介手数料無料の中古マンションをご購入の方は宝ホーム株式会社へ > 宝ホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 宝ホームがお答えします!建築基準法の道路斜線制限について

宝ホームがお答えします!建築基準法の道路斜線制限について

カテゴリ:【耐震・許可】



マイホームづくりを検討している人必見!建築基準法の道路斜線制限について

今回は、マイホームづくりを検討している人が知っておきたい、建築基準法上で定められている「道路斜線制限」について解説します。

【斜線制限】

斜線制限とは、建物と建物の間に空間を確保して、日照・採光・通風を妨げないための制限で、道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限の3種類があります。その内、道路斜線制限とは、接している道路の幅員にもとづいて、道路側に面した建物部分の高さの制限です。

道路斜線制限は、敷地の周囲にある道路から発生する架空の斜めの線による制限のことで、建物を建てるときは、高さがこれらの斜線を超えないように設計しなければなりません。具体的には、敷地と接する道路の反対側の境界線までの距離の1.25倍または1.5倍以下(傾斜勾配)に建物の高さは制限されます。ただし、道路から一定距離(適応距離・適用距離)だけ離れたところからは制限がなくなり、直線的に建てることができます。

マンション、オフィスビルなど道路に面する側の建物上部に、三角柱状に切り取られたような部分がみられますが、道路斜線制限の範囲内で、高さや容積をできるだけ確保するように設計したからです。


ぜひ参考にしてください。
私たち宝ホーム株式会社は、東京都の中古マンションを中心にさまざまな物件を取り扱っております。
さらに仲介手数料無料サービスもご提供させていただきます。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における契約不適合責任で注意すべきこととは?東京都・宝ホームが解説   記事一覧   【宝ホームが解説】底地とは?売却するメリットや方法|次へ ≫

タグ一覧

三原 隆義 最新記事



三原 隆義

港区に住んで20年以上になります。 人通りや車の通行量の多さ、学区の特徴、治安の良し悪しなど、地元密着だから知りえる『街』のご紹介にも力をいれております。 各ご家庭に合わせた資金計画・税金・住宅ローン等、物件のご紹介はもとより、不動産に係る全般のご相談も承らせていただきます。 エリア・予算が決まっていないお客様のお問合せも大歓迎です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る